【漫画】3月のライオンの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

3月のライオン

「3月のライオン」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「3月のライオン」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「3月のライオン」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶3月のライオンの試し読みはこちらから

3月のライオンはこんな人におすすめ!
  • 将棋マンガが好きな人
  • 青春マンガが好きな人

3月のライオンはどんなストーリー?

少女漫画「ハチミツとクローバー」で一躍有名になった羽海野チカの次作品。将棋の天才である主人公桐山零は、幼いころに交通事故で家族を失い、父の友人である棋士、幸田に内弟子として引き取られ、15歳でプロ棋士になります。しかし、実子たちとの関係悪化もあり、幸田家に馴染めず、一人暮らしを始めますが、編入先の学校でも孤立し、さらには将棋の対局でも不調が続いてしまいます。

ある日、ひょんな事がきっかけで、橋向かいの三月町に住む川本家の長女、あかりと出会い、川本家3姉妹と夕食を共にするなど交流を持つようになり、桐山は人とのふれあいを取り戻していきます。将棋という過酷な世界で、ぶつかり合う棋士たちを描く一方で、三姉妹と関わりながら主人公の心の成長が描かれた苦しくもほっこりするストーリーです。

3月のライオンは面白い?皆の評価まとめ

3月のライオンを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、3月のライオンを読む際の参考にしてください。

3月のライオンは面白くない?皆の評価まとめ

3月のライオンが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

3月のライオンの個人的感想

主人公の幼少期のつらいお話や、三姉妹との出会いとほのぼのしたかけ合いが、バランスよく描かれており、登場人物の深い心情描写に引き込まれます。
また、将棋という題材ですが、  将棋は、この作品を語るのに使われる世界観とアイテムであって、この作品で描かれているメインは「人」であり、「個人」であり、「人間」なので、「将棋をよく知らなくて読んでいない」という方にも問題なくお勧めできます。さらに、あまり触れる機会のない将棋の世界も垣間見ることができるので2倍楽しめます。

主人公桐山零の境遇は特殊すぎるため、共感することは難しいですが、彼の気持ちを想像すると、世界は残酷で優しいんだと気付かされます。感動ストーリーというよりは、ほっこりしていてちょっと切ない気持ちにさせられる作品です。

3月のライオンのあらすじと試し読み情報

あらすじ

桐山零は、幼いころに交通事故で家族を失い、父の友人である棋士、幸田に内弟子として引き取られ、15歳でプロ棋士になった。幸田の実子の香子たちとの軋轢もあり、六月町にて1人暮らしを始めた零は1年遅れで高校に編入するが、周囲に溶け込めず校内で孤立し、将棋の対局においても不調が続いていた。

自らの境遇を停滞していると感じていた零は、ある日先輩棋士に無理やり付き合わされたあげくに酔いつぶされ、倒れこんでいたところを川本あかりに介抱されたことがきっかけで、橋向かいの三月町に住む川本家と出会い、3姉妹と夕食を共にするなど交流を持つようになる。

そんな折、獅子王戦トーナメントにて、義姉の香子を巡る因縁を持つ棋士・後藤との対決に零は気炎を上げるが、それを意識するあまりに己の分を見失い、格上であるA級棋士の島田を侮っていたことを島田本人に見透かされて、大いに恥じる。その後、島田と後藤の対局を見た零は、ひとつ自分の殻を破り、島田の研究会に参加する。学校生活でも、担任の教師・林田の提案で将棋部を設立することになり、紆余曲折を経て放課後理科クラブと合体した放課後将棋科学部(将科部)に所属し、部活動を体験する。

こうした様々な人々に関わることで、少しずつ零の心境に変化が生じていった。

引用 Wikipedia

3月のライオンの基本情報

作者 羽海野チカ
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
レーベル ヤングアニマルコミックス
巻数 14巻(2018年12月21日現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。