【漫画】あの人の胃には僕が足りないの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

あの人の胃には僕が足りない

「あの人の胃には僕が足りない」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「あの人の胃には僕が足りない」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「あの人の胃には僕が足りない」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶あの人の胃には僕が足りないの試し読みはこちらから

あの人の胃には僕が足りないはこんな人におすすめ!
  • ラブコメ系マンガが好きな人
  • 怪奇系マンガが好きな人

あの人の胃には僕が足りないはどんなストーリー?

タイトルから、食事系の漫画かと思われる方もいるかもしれませんが、あの人の胃には僕が足りないはそういった感じの漫画ではありません。

料理が得意な小動物系の蒔江くんと、背が高くて大食らいで、でもとても可愛いさちさんのラブコメあり、怪奇ありのドキドキの物語です。

あの人の胃には僕が足りないは面白い?皆の評価まとめ

あの人の胃には僕が足りないを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、あの人の胃には僕が足りないを読む際の参考にしてください。

あの人の胃には僕が足りないは面白くない?皆の評価まとめ

あの人の胃には僕が足りないが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

あの人の胃には僕が足りないの個人的感想

良くも悪くも勢いで進む漫画です。ピンチありイチャイチャありの展開で迫ってくるのでページめくる手が止まりません。

蒔江くんとさちさんの表情がものすごく豊かで、そしてめちゃくちゃ純粋で、このふたりに幸せになってほしいと強く思いました。

全編通じて独特のノリなので、読み手をかなり選ぶ漫画だと思います。

あの人の胃には僕が足りないのあらすじと試し読み情報

あらすじ

料理上手な中学生・蒔江は恋をしていた。お相手は高等部の先輩・満腹さち。彼女の意外な一面、それはいつも空腹なこと。「料理で胃袋をつかんで、先輩とお近づきに!」…なんて思っていた蒔江の初恋は、さちの重大な「秘密」のせいで、命がけの一大ラブ・ストーリーへと変貌を遂げる。異形の年上彼女×尽くし系年下彼氏が織り成す、異”食”の恋愛×怪異ファンタジー!

引用 booklive

あの人の胃には僕が足りないの基本情報

作者 チョモラン
出版社 講談社
掲載誌 月刊モーニングtwo
レーベル モーニングKC
巻数 3巻(2019年9月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。