【漫画】炎炎ノ消防隊の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

炎炎ノ消防隊

「炎炎ノ消防隊」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「炎炎ノ消防隊」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「炎炎ノ消防隊」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶炎炎ノ消防隊の試し読みはこちらから

炎炎ノ消防隊はこんな人におすすめ!
  • バトルファンタジー系が得意な人
  • 王道漫画が好きな人

炎炎ノ消防隊は面白い?皆の評価まとめ

炎炎ノ消防隊を実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、炎炎ノ消防隊を読む際の参考にしてください。


Twitter

炎炎ノ消防隊は面白くない?皆の評価まとめ

炎炎ノ消防隊が面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

炎炎ノ消防隊の個人的感想

炎操る力を持つ消防士が“焔ビト”という原因不明の病と闘う物語です。主人公は「悪魔」のニックネームを持つ少年で、消防隊に入隊したばかりの新人です。

過去の出来事により、上手く笑うことのできない主人公「シンラ」の可愛さやカッコ良さに惚れ惚れします。

他の登場人物では、バカでナルシストだけど憎めない「アーサー」や、ラッキースケベられがちな「タマキ」など個性的なキャラがいます。王道ヒーローものが好きな人はハマる漫画だと思います。

炎炎ノ消防隊のあらすじと試し読み情報

あらすじ

太陽暦佰九拾八年、東京皇国。この世界は、ある大災害を境に突然始まった人体発火現象「焔(ほむら)ビト」による脅威に苛まれていた。突然、自身の体から発火した者は瞬く間に全身が炎に包まれ、自我を失い命が尽きるまで周囲を焼きつくすのである。この脅威に対応して、一般市民を炎の恐怖から守り、人体発火現象の原因と解決策を究明するために特殊消防隊が組織された。

幼い頃からヒーローに憧れを抱く少年・シンラは、12年前に突然の火事によって母親と生まれたばかりの弟を亡くしてしまう。足から炎を出す事ができる「第三世代」の能力者であったシンラは、自らの体から発した炎が火事を引き起こした出火原因だとされ周囲から迫害を受ける。しかし、シンラは母親と弟と自分以外の第三者が室内にいたことを目撃しており、その人物が犯人ではないかと考えていた。

訓練校を卒業し「第8特殊消防隊」に配属されたシンラは、母親と弟のような被害者を増やさないため、また母親と弟を殺した犯人を捕まえ自らに被せられた濡れ衣を晴らすために、仲間たちと共に訓練と消防活動に奮闘する。その中で、暗躍する謎の男「ジョーカー」や焔ビトの秘密を握る組織「伝導者一派」、時に他の消防隊との戦いを繰り広げていくことになる。

引用 Wikipedia

炎炎ノ消防隊の基本情報

作者 大久保篤
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
巻数 18巻(2019年8月時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。