【漫画】GIGANT (ギガント)の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

GIGANT

「GIGANT」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。GIGANTの「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

GIGANTはこんな人におすすめ!
  • SFマンガが好きな人
  • 同じ作者の作品である『GANTZ』や『いぬやしき』が好きな人

GIGANTはどんなストーリー?

主人公の男子高校生、横山田 零(よこやまだ れい)と、ヒロインのAV女優、パピコをめぐるSFストーリー。パピコの大ファンである零は、家の近所で偶然パピコ本人に出会います。AV女優であるパピコに一途に純粋な思いを寄せる零と、複雑な環境でも必死に生活しているパピコの恋愛物語が進む一方で、謎のwebサイト、「ネット上の投票で票を集めたお願いが実現される」というETEや、頻発する奇怪な現象、パピコ自身の身体の異変など、SFサイドも急速に進んでいきます。

先の展開が全く読めない、まさに「奥浩哉ワールド」の作品です。

GIGANTは面白い?皆の評価まとめ

GIGANTを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、GIGANTを読む際の参考にしてください。


▶GIGANTの試し読みはこちらから

GIGANTは面白くない?皆の評価まとめ

GIGANTが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

GIGANTの個人的感想

奥浩哉氏といえば代表作の『GANTZ』が有名です。作画はPCを使った細かくリアルな描写であるのもまた有名なお話ですが、今回の「GIGANT」も背景描写の細かさに驚かされるでしょう。

また、文字が少なく、大きいコマ割りなのでさっくり読めてしまいます。展開も読めないので1巻ずつ買うのはどうもやきもきします。一気読みしたい漫画です。

GIGANTのあらすじと試し読み情報

あらすじ

映画監督を目指す高校生・横山田零は、大ファンであるAV女優・パピコを中傷する貼り紙を見かけ、その貼り紙を剥がしているとパピコ本人が現れた。思わぬ形での出会いに零が押し切る形でパピコに告白し2人は付き合い始める。一方、世間では願いを叶える謎のサイト「ETE」が話題になっていた。「ETE」で提案された案は多数決によって可決されると現実となり、いくつもの超常現象を引き起こしていた。ある日、「ETE」で大虐殺を行う破壊神が可決され、何処からともなく現れた巨大な破壊神が街を蹂躙しはじめる。

引用 Wikipedia

GIGANTの基本情報

作者 奥浩哉
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスペリオール
レーベル ビッグコミックススペシャル
巻数 4巻(2019年8月30日現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。