【漫画】極主夫道 (ごくしゅふどう)の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

ごくしゅふどう

「極主夫道 (ごくしゅふどう)」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「極主夫道」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「極主夫道」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶極主夫道の試し読みはこちらから

極主夫道はこんな人におすすめ!
  • ちょっと変わったマンガが好きな人
  • ギャグマンガが好きな人

極主夫道はどんなストーリー?

元ヤクザの主人公「龍さん」が、奥さんの為に可愛いお弁当を作ったり、ご近所奥様たちと仲良くエアロビをやったりと不釣り合いな世界で主人公が日常を過ごすという漫画です。

主人公は、真面目に主夫になろうと取り組もうとしているだけなのに、見た目や経歴のせいで周りとのギャップに苦しんだり、振り回されてしまいます。

極主夫道は面白い?皆の評価まとめ

極主夫道を実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、極主夫道を読む際の参考にしてください。

極主夫道は面白くない?皆の評価まとめ

極主夫道が面白いという方たちが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。しかし現在、Twitter調査をしてみましたが面白くないとの投稿はありませんでした。

極主夫道の個人的感想

的確なボケ、画力の高さ、まとまったオチと3拍子揃っていて、文句のつけようがないくらい面白い作品でした。

極道の頂点に立つ主人公の龍さんが「主夫」として奮闘する姿は、健気なのにあの見た目のせいでかなりの人がギャップ萌えしてしまうと思います。

極主夫道のあらすじと試し読み情報

あらすじ

不死身の龍(たつ)は一晩に単身丸裸で抗争相手の事務所を10ヵ所潰したといわれる伝説のヤクザである。しかしその後忽然と姿を消し、専業主夫として家事を極める道に入っていた。腰に挿したドスを包丁代わりにし、包丁を売りにきた詐欺まがいの商売をするオジサンに料理を振る舞い、ヤクザ時代の子分にはビンタで説教し、バリバリのキャリアウーマンでデザイナーの妻には既に持っている”ポリキュア”をプレゼントしてしまい指を詰めようとする。
引用 Wikipedi

極主夫道の基本情報

作者 おおのこうすけ
出版社 新潮社
掲載誌 くらげバンチ
巻数 3巻(2019年9月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。