【漫画】ゴールデンゴールドの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

ゴールデンゴールド

「ゴールデンゴールド」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「ゴールデンゴールド」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「ゴールデンゴールド」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶ゴールデンゴールドの試し読みはこちらから

ゴールデンゴールドは面白い?皆の評価まとめ

ゴールデンゴールドを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、ゴールデンゴールドを読む際の参考にしてください。

Twitter

ゴールデンゴールドは面白くない?皆の評価まとめ

ゴールデンゴールドが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

ゴールデンゴールドの個人的感想

主人公の少女、早坂のもどかしい恋心と、琉花が拾った不気味な人形“フクノカミ“を中心におこる不可解な現象が、適度なコミカルさと不穏な空気感を醸し出している作品です。じわじわくる気持ち悪さですが、「怖いもの見たさ」という感情をうまくくすぐられ、どんどん引き込まれてしまいます。展開が全く想像をつかない方へ進むので、自然に続きを読みたくなる、魅力ある漫画です。

ゴールデンゴールドのあらすじと試し読み情報

あらすじ

瀬戸内海の孤島「寧島」に住む少女・早坂琉花は及川への片思いに憂鬱な思いを抱きながらも、平凡な日常を過ごしていた。

ある日、琉花は海辺で謎の置物を拾う。置物を山中の祠に祀り祈りを捧げたところ、置物は動き出し意思ある生命体のように振る舞い始めた。それと同時に琉花の祖母が営む民宿や雑貨店が繁盛し始め、置物は「フクノカミ(福の神)」名付けられた。しかしどこか禍々しく、怪しい動きで島民たちを操り始める「フクノカミ」を琉花たちは信用することが出来ない。そして、流花の不安通り、次々と異変が起こり始める

引用 Wikipedia

ゴールデンゴールドの基本情報

作者 堀尾省太
出版社 講談社
掲載誌 モーニング・ツー
レーベル モーニング・ツー
巻数 6刊(2019年7月時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。