【漫画】はたらく細菌の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

はたらく細菌

「はたらく細菌」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「はたらく細菌」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「はたらく細菌」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶はたらく細菌の試し読みはこちらから

はたらく細菌はこんな人におすすめ!
  • 細胞や細菌のことをもっと知りたい方
  • 漫画好きのお子さんがいる方

はたらく細菌はどんなストーリー?

『はたらく細胞』初の公式スピンオフ。主人公は、誰しもの体内にいる”細菌”!おなら、便秘、サラサラヘアー、虫歯…。そのすべてに、良い菌&悪い菌&空気よむ菌…あなたの体内でがんばっている細菌たちの、健気で真面目な”はたらき”があった!美容と健康に役立つ知識ももりだくさんの漫画です。

「私たちの毎日のご飯が、体内細菌たちにどのような影響を与えているのか」ということが描かれています。

はたらく細菌は面白い?皆の評価まとめ

はたらく細菌を実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、はたらく細菌を読む際の参考にしてください。

はたらく細菌は面白くない?皆の評価まとめ

はたらく細菌が面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

はたらく細菌の個人的感想

お子さんのいる方におすすめの漫画です。バランスのとれた食生活や綺麗にすることの意義をわかりやすく教えてくれます。

この漫画がきっかけで、体の中の事を考えて食べ方に気を付けるようになる方も多いとのことです。

はたらく細菌のあらすじと試し読み情報

あらすじ

白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞……etc。
人間の細胞の数、およそ60兆個! 彼らは皆、体の中で休むことなく働いている!
体内に入ってきた細菌・ウィルス・異物には徹底抗戦! そこには細胞たちの知られざるドラマがあった!

引用 公式

はたらく細菌の基本情報

作者 吉田はるゆき / 清水茜
出版社 講談社
掲載誌 なかよし
巻数 5巻(2019年9月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。