【漫画】異世界のんびり農家の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

異世界のんびり農家

「異世界のんびり農家」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「異世界のんびり農家」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「異世界のんびり農家」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶異世界のんびり農家の試し読みはこちらから

異世界のんびり農家はこんな人におすすめ!
  • 異世界系マンガが好きな人
  • スローライフ系マンガが好きな人

異世界のんびり農家はどんなストーリー?

ブラック企業に勤め、身体を壊し、闘病の末死んでしまった主人公が神様に生き返らせてもらって、異世界で農業をするというストーリーです。主人公の与えられた万能農具で、畑を耕し、作物を栽培し、収穫をして村を開拓していきます。

主人公を取り巻く仲間たちも個性豊かで、スローライフを満喫している作品です。

異世界のんびり農家は面白い?皆の評価まとめ

異世界のんびり農家を実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、異世界のんびり農家を読む際の参考にしてください。

異世界のんびり農家は面白くない?皆の評価まとめ

異世界のんびり農家が面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

異世界のんびり農家の個人的感想

個人的にはあまり受けつけられない作品でした。なろう作品なので、舞台は異世界で、主人公はチート能力(肉体と道具)を持っています。農業をしながら村を開拓していくというスローライフストーリー。農業がテーマですが、万能農具のおかげで特に何一つ苦労などせず、作りたいものができてしまいます。「チート能力を駆使して問題を解決していく」という”なろう作品あるある”からは外れているので、斬新といえば斬新なのかもしれません。

ですが、理由や裏付けがなく女性キャラにモテたり、農業がうまくいったりと、物語の盛り上がりがないまま淡々とストーリーが進むので、読むのが少し辛かったです。
人を選ぶ作品かと思います。

異世界のんびり農家のあらすじと試し読み情報

あらすじ

闘病の末に命を落とした青年・火楽は、神様によって蘇生され、若返って異世界に転移した。第二の人生を楽しむため、授けられた『万能農具』を手に、異世界で掘って伐って耕して…

異世界のんびり農家の基本情報

作者 原作:内藤騎之介
作画:剣康之
キャラクター原案:やすも
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊ドラゴンエイジ
レーベル ドラゴンコミックスエイジ
巻数 4巻(2019年9月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。