【漫画】異世界おじさんの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

異世界おじさん

「異世界おじさん」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「異世界おじさん」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「異世界おじさん」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶異世界おじさんの試し読みはこちらから

異世界おじさんはこんな人におすすめ!
  • ギャグマンガが好きな人
  • 「異世界もの」に飽きてしまった人

異世界おじさんはどんなストーリー?

なろう系と言われる、いわゆるテンプレート的な「異世界もの」を逆手にとったようなストーリーで、異世界に行くのではなく、異世界から17年ぶりに帰ってきた浦島太郎状態のおじさんと、大きくなった甥っ子のギャグコメディ。

ジェネレーションギャップのような微妙にズレた会話や時事ネタを盛り込んで展開されるコメディは「異世界もの」だと思って読むと良い意味で期待を裏切られる作品です。

異世界おじさんは面白い?皆の評価まとめ

異世界おじさんを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、異世界おじさんを読む際の参考にしてください。

異世界おじさんは面白くない?皆の評価まとめ

異世界おじさんが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。しかし現在、Twitter調査をしてみましたが面白くないとの投稿はありませんでした。

異世界おじさんの個人的感想

現代では17年間昏睡状態で眠っていたおじさんですが、当人はその間に異世界へ飛ばされ、すっかりその世界に馴染んでいました。病室で目が覚めたおじさんは、17年という空白を甥っ子と埋めながら、異世界で得た能力を役立ててyoutuberになるコメディです。

「異世界もの」がひとつのジャンルとして確立してしばらく経ちましたが、この作品はジャンルのお約束を踏まえて壊すことから面白みを出しています。
よくある「異世界もの」にお腹いっぱいになってしまった方に是非おすすめしたい漫画です。

異世界おじさんのあらすじと試し読み情報

あらすじ

2017年秋。17年間の昏睡状態から目覚めた叔父に会うため、甥のたかふみが病室を訪れた。奇妙な言語を発し異世界「グランバハマル」にいたと語るおじさんを、「頭がおかしくなった」と突き放そうとするたかふみに対し、おじさんは実際に魔法を使って見せる。おじさんが本物だと知ったたかふみは、その能力を使ってYouTuberとして生計を立てることを勧める。

YouTuberとなったおじさんとルームシェアを始めたたかふみは、おじさんから折にふれ異世界での生活について聞かされるが、それは通常の「異世界もの」とは異なる17年間の孤独で壮絶な物語であった。

引用 Wikipedia

異世界おじさんの基本情報

作者 殆ど死んでいる
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ComicWalker
レーベル MFコミックス
巻数 2巻(2019年4月22日現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。