【漫画】聲の形(こえのかたち)の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

声の形

「聲の形(こえのかたち)」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「聲の形」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「聲の形」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶聲の形の試し読みはこちらから

聲の形はこんな人におすすめ!
  • 言動や行動に考えさせられる系のマンガが好きな人
  • せつない系のマンガが好きな人

聲の形はどんなストーリー?

主人公「石田将也」は子供の頃、いじめっ子で気の弱い子にちょっかいばかり出していました。そこに、ヒロインの「西宮硝子」が転校してきました。西宮硝子は、生まれた時から聴覚障害者でよくいじめられていました。今回の転校先でも主人公に標的にされてしまい、いじめの被害にあってしまいます。

その後、西宮硝子の親がいじめの被害に耐えかねて、転校をさせてしまいます。そうすると、今度は主人公がいじめの標的になってしまい、同じことを自分に向けてやられてみて、初めて自分が西宮硝子にやってしまった過ちに気づきます。

そして、自分を本当に想ってくれたのが、自分がいじめていた硝子ただ一人だけで、密かに守ろうとしてくれた彼女と分かり合えず失ってしまったことに、石田将也は自己嫌悪と後悔の涙を流し、自分なりの贖罪を行うことを決意します。

聲の形は面白い?皆の評価まとめ

聲の形を実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、聲の形を読む際の参考にしてください。

聲の形は面白くない?皆の評価まとめ

聲の形が面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

聲の形の個人的感想

聲の形は、すごくせつなくて胸が締め付けられるようなシーンがいくつかあり、そういうシーンこそ印象的で、この漫画の魅力だと感じました。

主人公がしてきたことの取り返しはつかないけれど、もっと仲良くなりたいと誠実に悩み抜く姿に心打たれます。

漫画は、アニメより流れやキャラクターたちの心情の描写が丁寧で、いろんなキャラクターに感情移入してしまいます。

聲の形のあらすじと試し読み情報

あらすじ

石田将也のもとに勉強会へ招待する一本の電話がかかり、そこで西宮硝子の名前を聞く。話は過去に戻り、小学6年生の頃の将也視点で描かれる。

とある小学校に通学する硝子は聾唖者のため授業を止めることがあり、それが原因でクラス中から嫌われていた。クラスメイトの将也は執拗に硝子をいじめるが、度の過ぎた悪行が遠因してクラスにおいて吊し上げられた挙句、新たないじめの標的にされる。あまりにもあっけなく掌を返されてしまった彼を硝子は気にかけるが、結局、将也とは分かり合えず転校していった。

硝子の転校後、心ないことを言った将也に対し、またしても掌を返すように賛同した担任とクラスメイトを見たことで、将也は初めて自身のクラスにある、恐ろしいほどの異常さを痛感し、硝子のために自ら行動を起こすようになる。

引用 Wikipedia

聲の形の基本情報

作者 大今良時
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
巻数 全7巻(完結)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。