【漫画】こじらせ百鬼ドマイナーの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

こじらせ百鬼ドマイナー

「こじらせ百鬼ドマイナー」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「こじらせ百鬼ドマイナー」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「こじらせ百鬼ドマイナー」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶こじらせ百鬼ドマイナーの試し読みはこちらから

こじらせ百鬼ドマイナーはこんな人におすすめ!
  • ギャグ・コメディマンガが好きな人
  • どんなマイナー妖怪がいるか気になる人

こじらせ百鬼ドマイナーはどんなストーリー?

東京育ちの渡海隼人は、どういうわけか手違いで妖怪ばかりが通う学校「魍魎分校死国校」に転入することになる。

そこに通うのは全国的にはほとんど知られていない四国ローカルの妖怪達ばかりで、その認知度の低さゆえ色々こじらせていた。脇の甘すぎる秘密主義者・飴宮さんを筆頭に、隼人とマイナー妖怪達との触れ合いを描くファンタジー日常コメディです。

こじらせ百鬼ドマイナーは面白い?皆の評価まとめ

こじらせ百鬼ドマイナーを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、こじらせ百鬼ドマイナーを読む際の参考にしてください。

こじらせ百鬼ドマイナーは面白くない?皆の評価まとめ

こじらせ百鬼ドマイナーが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。しかし現在、Twitter調査をしてみましたが面白くないとの投稿はありませんでした。

こじらせ百鬼ドマイナーの個人的感想

個性豊かなヒロイン3人(と友だち一人)、そしてほろりとさせられる内容は、何度も読み返してしまうほどの魅力があります。

また、絵柄、話の展開共に文句なしに面白いです。キャラクターの多彩な表情やリアクションも良いし、妖怪としての特徴も利用して”現代に生きる妖怪”がコメディチックに描かれています。個人的にはとてもおすすめですが、2話まで公式で無料公開されてるのでまずはそちらを読むのが良いでしょう。

こじらせ百鬼ドマイナーのあらすじと試し読み情報

あらすじ

東京から四国へ引っ越してきた渡海隼人が転校することになったのは妖怪の通う妖怪学校だった! クラスメイトは世間では知名度の低い四国のマイナー妖怪達。それ故に彼らは多種多様な方向でマイナーをこじらせていて…!?

バレンタインの季節がやってきて、初めての家族以外のチョコに気合いが入る飴宮・紅坂・瀬々良木。当日、色々考えすぎて渡せないと悩んでいた瀬々良木の為に、飴宮と紅坂は自分を見本にアドバイスをすることに。早速、アイドルとしてみんなにやきもちを焼かせない渡し方を披露する紅坂と、ひみつが漏れないように匿名で渡そうとするも相変わらずバレバレな飴宮。2人の個性あふれる渡し方を見て勇気を貰った瀬々良木は、精一杯まっすぐに感謝の気持ちを伝えようと自分らしい方法で渡すことに。すると、そのあまりにまっすぐなスタイルに“結納チョコ”という新ジャンルが死国校に生まれ…!?

ホワイトデーでどうやってバレンタインのお返しをしようか悩む死国校の男子達。何を返すかよりもどうやって返すかが重要だという話になり、いかにスマートにお返しを渡せるか、緊急マル秘ミーティングを開くことに。それぞれ自分がどう渡すつもりか実践形式で発表し合うことになり、自分のアイデンティティーを重視した個性的な渡し方が次々披露される。しかしあまりにバラエティ豊かな案の数々に、意見は全く纏まらず、最終的に各々勝手にうまくやろうという結論に。ホワイトデー当日、各自の方法でチョコを渡すと、貰った側はみんな大感激。結果的に渡し方の正解は受け手と渡し手によるとわかり…。

引用 ジャンプSQ

こじらせ百鬼ドマイナーの基本情報

作者 南郷晃太
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア(SQ)
少年ジャンプ+ (J+)
レーベル ジャンプ・コミックス
巻数 3巻(2019年7月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。