【漫画】マージナル・オペレーションの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

マージナルオペレーション

「マージナル・オペレーション」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「マージナル・オペレーション」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「マージナル・オペレーション」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶マージナル・オペレーションの試し読みはこちらから

マージナル・オペレーションはこんな人におすすめ!
  • 過激な内容が好きな人
  • 戦争マンガが好きな人

マージナル・オペレーションは面白い?皆の評価まとめ

マージナル・オペレーションを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、マージナル・オペレーションを読む際の参考にしてください。

マージナル・オペレーションは面白くない?皆の評価まとめ

マージナル・オペレーションが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

マージナル・オペレーションの個人的感想

マージナル・オペレーションは、戦争物ですが、内容としては平凡なゲーマーのダメな男が、とあるキッカケで戦地の名オペレータとなり、仲間と共に成長していく物語です。

主人公が自分の未熟さや社会の強い力にもがきながら成長していきます。

序盤は、正直内容が重くてげんなりしますが、段々と重い雰囲気はなくなっていくので、根気が少し必要です。まずは3巻読破まで目指してみるといいかもしれませんね。

マージナル・オペレーションのあらすじと試し読み情報

あらすじ

2020年代前半頃の物語。ゲーム系の専門学校を卒業してから長期のニート生活の末に就職したものの、その会社が倒産して失業した新田良太(アラタ)は、金欠により家賃が払えなくなることから、偶然ネットで見かけた民間軍事会社「自由戦士社」の求人に応募して、高い適性を示したことから採用されることになる。
タジキスタンでの海外研修は、陳腐なCGの戦術シミュレーションゲームのような内容だったが、もともと記憶力・判断力に優れた凄腕のオンラインゲーマーだったアラタは、ゲーム感覚で次々にオペレート業務を的確にこなし、指導教官 トレバーに天賦の才を見出される。しかし、その訓練は「リアルの軍事作戦」を実際にオペレートしていたものであることを知らされ、アラタは自分の指示で『無抵抗の村人』を殺害した可能性があることに苦悩するが、ギリギリで立ち直って訓練を完遂する。

引用 Wikipedia

マージナル・オペレーションの基本情報

作者 芝村裕吏
出版社 講談社
掲載誌 月刊アフタヌーン
レーベル アフタヌーンKC
巻数 13巻(2019年7月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。