【漫画】ナイツ&マジックの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

ナイツ&マジック

「ナイツ&マジック」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「ナイツ&マジック」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「ナイツ&マジック」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶ナイツ&マジックの試し読みはこちらから

六道の悪女たちはこんな人におすすめ!
  • ロボット系の漫画が好きな人
  • 異世界ものが好きな人

ナイツ&マジックは面白い?皆の評価まとめ

ナイツ&マジックを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、ナイツ&マジックを読む際の参考にしてください。

ナイツ&マジックは面白くない?皆の評価まとめ

ナイツ&マジックが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

ナイツ&マジックの個人的感想

ナイツ&マジックは、主人公がロボットオタクさんで設計から操縦まで自分でやります。ロボット系の内容で主人公がどちらもやるというのは珍しく面白い作品になっています。

特に、ナイツ&マジックは、主人公がどんどん新型機を作っていくところが面白いです。作者さんは本当に戦闘ロボットが好きなんだと思えるほど細かい設定があり、見ごたえのあるマンガになっています。

ナイツ&マジックのあらすじと試し読み情報

あらすじ

交通事故で命を落としたロボットオタクの日本人、倉田翼は、異世界のエルネスティ・エチェバルリアに転生する。その世界は「幻晶騎士(シルエットナイト)」と呼ばれる巨大ロボットが、主戦力として存在する世界だった。

前世のロボットオタクの血が抑えきれないエルネスティは、幻晶騎士のパイロットである「騎操士(ナイトランナー)」を志し、幼少時より勉学などに励む。そして学園生時代の訓練中に現れた師団級魔獣「陸皇亀(ベヘモス)」を討伐した事を切っ掛けに、自らが理想とするロボットを一から作り上げるために奮闘、その才能と実績で国王から幻晶騎士開発を主目的とした騎士団「銀鳳騎士団」を任されて団長となった。

その後もエルネスティは、西方諸国(オクシデンツ)で起きた大乱に派遣されたり、人類未踏の地「ボキューズ大森海」の探索に深く関わるなど、数多の功績を打ち立てていくのであった。

引用 Wikipedia

ナイツ&マジックの基本情報

作者 天酒之瓢(原作)
加藤拓弐(作画)
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 ヤングガンガン
レーベル ヤングガンガンコミックス
巻数 9巻(2019年8月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。