【漫画】おじさまと猫の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

おじさまとねこ

「おじさまと猫」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「おじさまと猫」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「おじさまと猫」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶おじさまと猫の試し読みはこちらから

おじさまと猫はこんな人におすすめ!
  • いやし系マンガが好きな人
  • 猫マンガが好きな人

おじさまと猫はどんなストーリー?

ペットショップで売られていた猫は顔が少しブサイクで、人気のない品種でした。日に日に値段が下がっても売れ残り続け、やがて成猫になり、もう誰も飼ってくれないのだろうと猫自身も諦めていたところ、一人のおじさんが自分を飼ってくれると言います。誰かにあげるためではなく、「私が欲しくなったのです」と語りかけてくれる紳士的なおじさん。

そんな優しいおじさんと飼われた成猫ふくまるの心温まるハートフルストーリーです。

おじさまと猫は面白い?皆の評価まとめ

おじさまと猫を実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、おじさまと猫を読む際の参考にしてください。

おじさまと猫は面白くない?皆の評価まとめ

おじさまと猫が面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

おじさまと猫の個人的感想

ペットショップに売れ残っていた猫と、広い家にひとりぼっちになってしまった紳士的な男性の心温まるストーリー。ふくまるのいじらしさに胸キュンしてしまい、おじさまの優しさに惚れてしまう作品です。

猫好きな人も、猫を飼っている人だったらなおさら、この漫画の素晴らしさの虜になります。猫好きな方だけでなく、動物と暮らした事がある方には、懐かしかったり、切なかったり、うなずけたり、感情に触れるものがある作品でしょう。動物と暮らしてみたいと思っている方もぜひご一読を。どこまでも暖かい読後感にひたれます。

おじさまと猫のあらすじと試し読み情報

あらすじ

【お前に出会えたことが幸福だから ふくまるだよ】 ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。日に日に値段が下げられ、見向きもされず、諦めていた猫の前に一人の男性が現れる。彼が告げた言葉とは…「私が欲しくなったのです」これは誰かに愛されたかった猫とおじさまの、心温まる日々を紡いだ物語。

おじさまと猫の基本情報

作者 桜井海
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 ガンガンpixiv
レーベル pixivコミック
巻数 3巻(2019年9月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。