【漫画】六道の悪女たちの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

六道の悪女たち

「六道の悪女たち」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「六道の悪女たち」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「六道の悪女たち」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶六道の悪女たちの試し読みはこちらから

六道の悪女たちはこんな人におすすめ!
  • バトル系マンガが好きな人
  • 不良系マンガが好きな人

六道の悪女たちはどんなストーリー?

主人公の六道君は、不良校で友達と一緒にいじめられてるキャラ。ある日、死んだはずの祖父から送られてきた「巻物」開いたら、悪女限定でモテるようになってしまったという話です。

六道の悪女たちは、ハーレムものですが話の本質は異なり、熱くて優しい心で周りを味方につけていく六道君の成長物語です。

六道の悪女たちは面白い?皆の評価まとめ

六道の悪女たちを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、六道の悪女たちを読む際の参考にしてください。

六道の悪女たちは面白くない?皆の評価まとめ

六道の悪女たちが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

六道の悪女たちの個人的感想

ヒロインが全員悪女というハーレム漫画です。陰陽術で悪女にモテるようになるという設定で、正直微妙なのかと思って読んでいたのですが、主人公が男らしく読んでいて胸が熱くなります漫画です。また、主人公の不思議な力と熱血さで、次々と現れるヒロインたちの魂の救済がなされていく様子が爽快です。

絵に少しクセがありますが、それを受け入れられれば最高に面白いと思える漫画です。読み進めてしまえば、あれこの漫画めっちゃ面白い!となるはずなのでぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

六道の悪女たちのあらすじと試し読み情報

あらすじ

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐課長とトイレでグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻みつけると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守り手を出さなかった乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道は、クラスの不良リーダー飯沼波瑠也とタイマンをして認められ、友人となる。その後、亞森高校を仕切る番長の幼田小百合、白バイ警官に扮して暴走族を狩る姫野莇美に好かれ、次々と騒動に巻きこまれるが、漢気を見せて騒動を解決すると共に周囲に受け入れられていく。幼田の騒動にも莇美の騒動にも不良チーム「鬼島連合」が関与していた。六道たちが鬼島連合の報復を危惧する中、鬼島連合総長の松ヶ宮童子は幹部を引き連れて亞森高校の六道のクラスに転校してくる。彼らの真の目的は、かつて鬼島連合をたった1人で壊滅させた乱奈を手に入れることだった。乱奈は、暴力にしか生きる意味を見いだせない自分は六道のそばにいてはいけないと、一度は童子と共に去ろうとするが、六道は、悪い乱奈とも楽しい学園生活を送れるくらいに自分が強くなると涙ながらに宣言。乱奈は六道のそばに残ることを決め、鬼島連合は撤退する。

課長がある日突然学校に来なくなる。その理由は闇金融に追い込みをかけられ苦境に立たされた実家を助けるためであった。六道らは課長一家を助けるため、それぞれアルバイトを始める。闇金融を経営する悪女山吹ミナミは、術によって六道に惚れたことをきっかけに金よりも大事なものに気づき、闇金融を廃業して六道らの仲間となる・・・ 引用 Wikipedi

六道の悪女たちの基本情報

作者 中村勇志
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオン・コミックス
巻数 16巻(2019年8月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。