【漫画】千年狐 ~干宝『捜神記』より~の評価・感想まとめ【ネタバレあり】

千年狐

「千年狐 ~干宝『捜神記』より~」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「千年狐」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「千年狐 ~干宝『捜神記』より~」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶千年狐 ~干宝『捜神記』より~の試し読みはこちらから

千年狐 ~干宝『捜神記』より~はこんな人におすすめ!
  • ギャグマンガが好きな人
  • 古代中華が舞台のマンガが好きな人

千年狐 ~干宝『捜神記』より~はどんなストーリー?

千年生きる狐、廣天(こうてん)や、廣天が幼い時からの友である神木の華表(かひょう)が主な登場人物(?)です。廣天が様々なあやかしや人間、動物と関わり合い、心を通わせるストーリーで、散りばめられたギャグと話を引き締めるシリアスシーンが絶妙なバランスの構成となっています。

出典は中国東晋時代の干宝が著したという怪異譚『捜神記』がベースとなっているので、ストーリーの軸はしっかりしています。

千年狐 ~干宝『捜神記』より~は面白い?皆の評価まとめ

千年狐 ~干宝『捜神記』より~を実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、千年狐 ~干宝『捜神記』より~を読む際の参考にしてください。

千年狐 ~干宝『捜神記』より~は面白くない?皆の評価まとめ

千年狐 ~干宝『捜神記』より~が面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。しかし現在、Twitter調査をしてみましたが面白くないとの投稿はありませんでした。

千年狐 ~干宝『捜神記』より~の個人的感想

古代中国が舞台の漫画が好きな人はぜひおすすめしたい作品です。ギャグのテンポやセンスも秀逸ですが、何と言っても圧倒的画力の高さが光る作品。あらゆるもののけや動物、人物が繊細に描かれており、1話完結でも愛着が出てしまうほどです。また、基本的には古代中国風に会話やストーリー内容が描かれていますが、ツッコミが急に現代風になるなど、シュールなギャグシーンも魅力の一つ。

シリアスな場面もあるのでギャグ漫画が苦手な人でもファンタジー漫画として楽しめる作品です。

千年狐 ~干宝『捜神記』より~のあらすじと試し読み情報

あらすじ

千年生きる狐、廣天(こうてん)を中心に、時代の中で人や獣、あやかしと出会い、化かしたり化かされたり心を通わせたりとユーモア溢れるファンタジーストーリー。

千年狐 ~干宝『捜神記』より~の基本情報

作者 張六郎
出版社 KADOKAWA
掲載誌 MFコミックス
レーベル フラッパーシリーズ
巻数 2巻(2019年8月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。