【漫画】スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

スライムを倒して

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたの「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたはこんな人におすすめ!
  • ほのぼの系マンガが好きな人
  • 異世界転生系マンガが好きな人

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたはどんなストーリー?

ごく普通の社畜OL、相沢梓は働きすぎが原因で過労死。17歳の容姿を持つ不老不死の魔女として、高原の一軒家でスローライフを送ることにした。

300年もスライムを倒す生活を続けてきた結果、経験値が蓄積しすぎて、知らないうちにレベル99の世界最強の魔女となっていた。その魔女が毎日生活していく物語です。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたは面白い?皆の評価まとめ

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたを読む際の参考にしてください。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたは面白くない?皆の評価まとめ

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたの個人的感想

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたは、読んでて、気持ちがゆったりしてきます。絵のクオリティも高いですし、キャラもかわいいですし、コマ割りも見やすくストーリーも面白いです。

異世界転生というありふれた設定ですが、主人公がゆるーいファンタジーライフを求めてて、スライムだけでレベルMAXになってしまっていたり、いろいろと着眼点が面白いです。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたのあらすじと試し読み情報

あらすじ

前世で過労死したOL相沢梓は、不老不死の魔女アズサ・アイザワとなって異世界に転生した。前世で味わえなかったスローライフを満喫しつつ、生活費稼ぎとして毎日スライムを倒して細々と生きること300年、気が付けばレベル99になってしまい、噂を聞きつけた者たちが訪れる。

引用 Wikipedia

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたの基本情報

作者 森田季節(原作)
紅緒(キャラクター原案)
シバユウスケ(作画)
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 ガンガンONLINE
レーベル ガンガンコミックスONLINE
巻数 5巻(2019年9月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。