【漫画】終末のワルキューレの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

週末のワルキューレ

「終末のワルキューレ」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「終末のワルキューレ」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「終末のワルキューレ」無料試し読みの手順
①下記のリンクより「U-NEXT」へ
②U-NEXTの31日無料体験に登録
③終末のワルキューレを読む

U-NEXTの無料会員登録はこちら

※31日間は完全に無料です安心してください
終末のワルキューレはこんな人におすすめ!
  • バトル系マンガが好きな人
  • 神話・歴史系マンガが好きな人

終末のワルキューレはどんなストーリー?

主人公の六道君は、不良校で友達と一緒にいじめられてるキャラ。ある日、死んだはずの祖父から送られてきた「巻物」開いたら、悪女限定でモテるようになってしまったという話です。

終末のワルキューレは、ハーレムものですが話の本質は異なり、熱くて優しい心で周りを味方につけていく六道君の成長物語です。

「終末のワルキューレ」無料試し読みの手順
①下記のリンクより「U-NEXT」へ
②U-NEXTの31日無料体験に登録
③終末のワルキューレを読む

U-NEXTの無料会員登録はこちら

※31日間は完全に無料です安心してください

終末のワルキューレは面白い?皆の評価まとめ

終末のワルキューレを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、終末のワルキューレを読む際の参考にしてください。

終末のワルキューレは面白くない?皆の評価まとめ

終末のワルキューレが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

終末のワルキューレの個人的感想

神々と歴史上の偉人たちが1対1で本気で殺し合うという熱い設定で、これぞTHE・バトル漫画と言える作品です。1巻から全力で熱い戦いが繰り広げられているので、バトル漫画好きにはたまりません!

また、登場人物は神や歴史上の偉人たちなので、戦闘能力や、繰り出す技、戦闘スタイルなどを史実や伝説に紐付けて描写しており、中二病心をくすぐられるど迫力な演出にグイグイ引き込まれてしまう漫画です。

「終末のワルキューレ」無料試し読みの手順
①下記のリンクより「U-NEXT」へ
②U-NEXTの31日無料体験に登録
③終末のワルキューレを読む

U-NEXTの無料会員登録はこちら

※31日間は完全に無料です安心してください

終末のワルキューレのあらすじと試し読み情報

あらすじ

1000年に1度開かれる「人類存亡会議」にて、万物の創造主である神々は、誕生から700万年が経過しても進歩の兆しがない人類を見限り、終末を与えようとしていた。全会一致で滅亡が決まろうとしたその時、戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデはその決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。かくして、天界が誇る最強神と、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。

引用 Wikipedia

終末のワルキューレの基本情報

作者 梅村真也(原作)
フクイタクミ(構成)
アジチカ(作画)
出版社 徳間書店
掲載誌 月刊コミックゼノン
レーベル ゼノンコミックス
巻数 4巻(2019年7月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。