【漫画】ヴィンランド・サガの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

ヴィンランド・サガ

「ヴィンランド・サガ」の評価や感想をまとめています。どんな人におすすめの漫画か、どんなストーリーなのか、面白いのか面白くないのかを様々な人の意見からまとめて紹介。「ヴィンランド・サガ」の「あらすじ」や「試し読み」情報も掲載しています。

「ヴィンランド・サガ」が気になったら、まずは試し読みからどうぞ↓↓
▶ヴィンランド・サガの試し読みはこちらから

ヴィンランド・サガは面白い?皆の評価まとめ

ヴィンランド・サガを実際に見てみた人のTwitter評価をまとめています。どこが面白いのか等を詳しく掲載しているので、ヴィンランド・サガを読む際の参考にしてください。

ヴィンランド・サガは面白くない?皆の評価まとめ

ヴィンランド・サガが面白いという方たちがいる一方では、面白くないという人もいます。どこが面白くなかったのかを追及するべく、Twitter調査をして評価をまとめています。

ヴィンランド・サガの個人的感想

10世紀、主人公はアイスランド出身の少年トルフィン。父を殺した仇である傭兵団に付き従い“北方の蛮族” ヴァイキングとなった彼の、一人の人生にフォーカスして描いた叙事詩です。

主人公トルフィンは実在の人物である「ソルフィン・ソルザルソン」をモデルにしており、しっかりした歴史考証をもとに描かれているため、ヨーロッパの歴史に詳しい人も充分に楽しめる内容となっています。

またアクション・陰謀・複雑な人間関係などエンターテインメントとしての要素も満載であり、北欧史やヴァイキングに興味がなくとも楽しめます。細かく描き込まれた絵のクオリティとリアリティあふれる重厚なストーリーは、間違いなく読む者を虜にするでしょう。

ヴィンランド・サガのあらすじと試し読み情報

あらすじ

11世紀初めの西ヨーロッパ、フランク王国領。この時代、ヨーロッパの海という海、川という川に出没し、恐るべき速度で襲撃と略奪を繰り返す北の蛮族ヴァイキングは、人々の恐怖の的だった。その日も、とあるヴァイキングの集団がフランク領主同士の小競り合いに乗じて包囲されていた都市を瞬く間に落とし、蓄えられていた財貨を残らず奪い去っていった。この略奪はアシェラッドという男が指揮する兵団の仕業で、その中に2本の短剣を武器にする凄腕の少年がいた。その名はトルフィン。今回の襲撃で敵指揮官の首を取る戦功を挙げた彼は、見返りとしてアシェラッドに彼との決闘を求める。

引用 Wikipedia

ヴィンランド・サガの基本情報

作者 幸村誠
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
月刊アフタヌーン
レーベル 講談社コミックス
アフタヌーンKC
巻数 22巻(2019年6月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。